All YOU NEED IS KILL / 身の丈を知る

人類は未知の侵略者と戦争をしていた。
カエルの溺死体のようなそれをギタイと呼び、強化スーツを着て戦う。
訓練校を出たばかりの初年兵キリヤ・ケイゴは、初の作戦で英雄リタ・ブラウスキに一度は命を救われるものの最期を彼女に看取られることとなる。
もう一度目を開けた彼が見た世界は昨日の繰り返しであり、自分は繰り返しの世界にいると理解する。

ラノベが読みたかったのと、ハリウッドが本作品を映画化しようとしているという情報を聞いて読んでみました。
お、面白い。。。!!
軍事のことはからきしだけど、戦場の喉がヤケドするような空気と、瞬間の判断をしくじれば死ぬという緊張感にぐいぐい引き込まれました。
おそらく今月一番の一気読み作品です。

今日は仕事を早く切り上げられたので、ジムに。
もっと筋肉ほしいなあ~。見せ筋でいいから。。。(笑)

それはともかく、フッと湧くイメージをメモして翌日に見返すと……。
ふむん。。。

和田竜先生は、「焦ってテーマを選ぶといいものは作れない」と言ってました。
まあ、自分の身の丈を考えて最適な選択をしていくしかないですわね。

最近の座右の銘は、
『いまの身の丈を知る』 by生瀬勝久
なのです。

This entry was posted in 本や映画や音楽, 駄文. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">